テレビ会議は高精細な映像と音声を活かした利用を

テレビ会議製品のご紹介

遠隔教育において、リアルタイムで講師と受講生がコミュニケーションを取ることを可能にしたのがテレビ会議です。テレビ会議のよさはその高精細な映像と音声、操作性のよさにあります。

以前はISDN回線を利用していたため、通信料金が高すぎる・映像や音声が今ひとつで授業に集中できないといった声がきかれました。しかし、現在販売されているテレビ会議製品はほぼインターネット回線に対応し、ブロードバンド化が進んだ現在、HDでの映像配信にも対応した製品も多数あります。高精細な映像と音声は同じ部屋にいるかのようなリアリティをもたらし、長い講義もストレスなく受けることができるようになりました。

また、高精細な映像が送れるようになったことや、資料共有などで利用できる周辺機器との親和性が高まり、PCやDVDなどのマルチメディア機器を活かした講義も行われるようになりました。また、解像度が上がって配信映像が大スクリーンに拡張しても耐えうるようになったことで、さらに大人数で授業を聴講することが可能になっています。

ただし、施設の構築には以前として数百万前後の費用がかかりますので、すべての教室に導入できるわけではありません。
そこで、各教室にはスクリーンや大型モニタのみを取り付けて、テレビ会議本体は各教室に移動できるようにカートにセットし、遠隔講義を行う場合はカートを教室に持ち込んでケーブルとLANを接続して利用されているところも増えています。
この方法なら、マイク・スピーカー等も部屋の広さにあったものを使い分けることで、教室だけではなく広い講堂や体育館などに移動して利用することができます。

テレビ会議製品とその利用方法

テレビ会議製品についての更に詳しい情報は、下記リンクをご参照ください。(VTVジャパンサイトへリンク)

遠隔教育製品の紹介

  • テレビ会議を利用した遠隔教育

    テレビ会議

    テレビ会議製品を利用した遠隔教育のご紹介と主なメーカーのご紹介

  • Web会議で授業をうける

    Web会議

    Web会議製品を利用した遠隔教育のご紹介と主なメーカーのご紹介

  • ペーパーレス会議で授業

    ペーパーレス会議

    タブレット端末やスマホを利用したペーパーレス会議のご紹介